薬膳茶とは?

薬膳茶

皆さん こんにちは〜

ゆるほぐ活動活性化委員 

委員長『気功スタジオ空里』のダニエルエリです

今日は『薬膳茶』についお伝えしていきます♪

そもそも「薬膳」って何?

皆さん 「薬膳」って言葉を聞いて何を連想しますか?

古くさそう?不味そう?よく分かんない?

「薬膳茶」のお話をする前に

まず「薬膳」って何なの?ってとこを少しお話ししていきます

「薬膳」は中国に伝わる伝統医学の理論体系を統合した

いわゆる「中医学」の考え方をベースにしています

これをベースに それぞれの季節 

個々の体調に合わせた料理の総称を「薬膳」といいます

で「薬膳茶」はどういう位置付け?

薬膳茶には5つの特徴があります

  1. 薬膳の考えをベースに「季節」や「体調」に合わせたお茶である
  2. 使用する食材は茶葉に限らない
  3. 体質改善 健康維持 美容 リフレッシュなど色々な用途がある
  4. 1つ以上の食材でも◎ でもブレンドすると より効果UP
  5. お湯に入れて蒸らすだけでも煎じてもオッケー

自分好みのお茶を 楽しみながら ブレンドできるのが薬膳茶の醍醐味

あとは 応用が効くのも 薬膳茶のいいところ

例えば 風邪のひき初めには 体を温める“シナモン”

美容には”マイマイカ” 便秘には“ハブ茶” 気分転換には“珍皮”なんて

まさにセルフケアを その時の自分の気分や

インスピレーションですることができるんです 

美容対策も 健康対策も 気分のリセットも 

ブレンドティー作りながらできるんだって思うと

読んでるだけでワクワクしてきません???

ブレンドすることで茶材の味 例えば 酸っぱさや苦さを

自分なりに調整して まろやかにしたりして

おいしくできたりするのも楽しいところです

楽しすぎて ついつい周りの人にも その人に合った

ブレンドティーを作りたくなっちゃうっていう

好ましい現象が起こったりなんかもします

私は 薬膳茶ライフを始めてから 毎朝 中高生の子供たちに 

「その日のママの気分ブレンド」を作ってあげています

「今日のブレンドは この茶材入れて〜」なんて リクエストがきたりして 

意外と お年頃の子供たちも 気に入っちゃって

家族で薬膳茶に ハマっています

不思議な事に 我が家では 薬膳茶ライフが 

親子のコミュニケーション力UPにも一役買ってくれています

薬膳茶に使うのはアジア圏のハーブとは限らない

「薬膳茶」って聞くと アジアのお茶???って思いますよね

でも 最近の薬膳茶は 薬膳ハーブティーとも呼ばれているほどで

アジアの茶材に いわゆる一般的に ハーブティーと

呼ばれているものも 自由にブレンドしたものが多いんです

一応 東洋のハーブは「アジアンハーブ」

西洋のハーブは「ヨーロピアンハーブ」と

呼び名で区別されています

でも 呼び名が違うだけで 西洋でも東洋でも

お茶や料理に使われる食材や茶材って結構あるんですよね

例えば 西洋の「ジンジャー」は東洋の「生姜」だったり

「ミント」は「薄荷(ハッカ)」だったり

作用の面では 東洋と西洋とでは若干 違いがあるようです

アジアンハーブは 体内の気、血液や水分を「補う」働きがあり 

ヨーロピアンハーブはそれらの「巡りをよくする」働きがあるそうです

最後に

薬膳茶ライフって本当に楽しいのですが 難しく考えている人が多いよう

とにかく あまり深く考えず 自分の好きな おいしいオリジナルブレンド

を作ることが 薬膳茶を楽しむコツなんじゃないかな?と思います

医療目的ではないので その辺りは 理解しておいてくださいね

体質改善 健康維持 美容と 色々な用途に活用できる 薬膳茶

お茶をブレンドすることで 

その日の自分の心と体の声に耳を傾けてあげることにも繋がります

「今日はどんなブレンドがピンとくる?」なんて自分に質問してると

直感力も磨けたりしますよ〜

私は とってもエンジョイしている 薬膳茶ライフ

気になってる皆さんは とりあえず

「今日は こんなの飲みたい!」

みたいな軽いノリで始められる事をお勧めしま〜す

今日も最後まで読んでくださり ありがとうござました!

心からの感謝と愛を込めて

気功講師/顔ヨガインストラクター/薬膳エバヴァンジャリスト

★ダニエルエリ★

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。